SONY DSC

【現地ルポ】夏休みを利用して高江に行ってきた(伊勢桃李)

文: 伊勢桃李・POST編集部

こんにちは、伊勢桃李です。

現在、沖縄の高江では、市民の反対のなか米軍ヘリパッドの建設が進んでいます。
そこで一体どのようなことが起きているのか。伊勢は夏休みを利用して、自分の目で確かめてきました。

160727takae%e2%91%b6

高江は那覇空港から車で二時間半、沖縄本島北部の東村というところにあります。

東村は、とにかく自然が豊かです。ノグチゲラ、キノボリトカゲなど、珍しい動物が多く生息しています。ヤンバルクイナという鳥も以前はよく見かけましたが、ヘリパッドの工事が進んでからは国頭村側でしか見られなくなったといいます。3月まで工事が延びた場合は、ノグチゲラの繁殖期のため工事ができないそうです。筆者は現地で、キノボリトカゲと遊びました。

人口は約140人ほどで、特産品は、花と水とパイン。沖縄に行けば必ず目にする『沖縄ポッカ』のさんぴん茶は、東村の水で作られています。高江の山の駅の売店にあった切り売りパインは、絶品でした。サンライズひがしのパインジュースがおいしいです。伊勢丹では1000円くらいはするパインの品種が500円くらいで購入できます。

今回は、高江に着いてから三日間の様子をルポ形式でお伝えします。

8月19日(金)

旧盆明けの19日、お盆休みのため休止していた工事が再開。約400名もの人々が再開に反対し、抗議に参加しました。

朝5時、抗議集会の告知の通り「サンライズひがし」という特産品の加工直売所に集合。そこから一時間ほどかけて、抗議集会が行われる「北部訓練場メインゲート前」まで車で向かいます。県道70号線は、すでに抗議に訪れる車で渋滞していました。

集会は10時まででしたが、砂利を載せたトラックとその前後を守る警察車両(現地で大名行列と呼ばれている)は、10時半ごろ姿を現しました。
82391
砂利は、ヘリパッド建設予定地までつなぐ道の作成に使われるもので、いつもは6時ごろ高江に来るといいます。

トラックへの抗議を終えたあとは、辺野古の基地移設に関する裁判があったため、そちらへ応援に行く方も多くいました。

8月20日(土)

砂利は、国頭村の辺戸名にある採石場でダンプカーに積まれています。

朝その採石場を見に行くと、普段は物々しく入り口を取り囲んでいる機動隊やパトカーがおらず、静かでした。

高江を埋める砂利を載せた大型ダンプカーは1台ずつ、東村の宮城(高江より少し南側)へと走っていき、そこで機動隊の車と合流して高江へと入っていきました(辺土名から列を組んで走ると遅くなるためスピードアップをはかったか、もしくは動きを変えて抗議する人々を惑わせようとしたのではないかと考えられます)。

s_160727takae%e7%ab%ad%ef%bd%b5

その後、メインゲートとN1ゲートの間あたりで抗議を行ったとき四人の機動隊に身体を持ち上げられ、機動隊の大型車両と大型車両の間に閉じ込められました。

記者も大型車両への間へと排除されたため、報道の自由の侵害ではないかとされ、記事になっています。

8月22日(月)

朝、辺戸名の採石場へ。そこから高江へ向かう途中の大宜味村で、「大宜味島ぐるみの会」の方々とともに抗議行動に参加しました。

その後もダンプカーを追い、高江橋で抗議を行いました。その最中、私の目の前にいた男性が機動隊員に「公妨!公妨!」と言われていました。その男性は機動隊に指一本、触れていません。

20日に琉球新報記者の排除が新聞の一面で取り上げられたことを受け、機動隊員の中では記者に対し手をゆるめた人もいたようです。

82395
ただ、私の目の前にいたジャーナリストは、またも強制的に抗議現場から排除されていました。ジャーナリストも、抗議に参加する他の市民も、炎天下のなか約一時間半に渡って機動隊の大型車両の間から出られないようにされました。

おわりに

最初にも言った通り、このような高江の状況は、10月になった今でも続いています。
住民は日々、工事を少しでも遅らせようと、なんとか工事が止むようにと、奔走しています。そして、工事は相変わらず強行されています。

高江は電波が通じないところが多いため、最新の情報が伝わりにくいかと思います。しかし、きちんと見ている人がいないとなれば、報道はますます減るでしょう。他都道府県から遠く、沖縄の観光地からも離れた場所だから、注目されていないからいいだろうと工事が進められている可能性も考えられます。

沖縄の人だけでなく、日本全国の人たちが、きちんと見ているんだということを示す必要が、大いにあると思われました。

160726takae_stars

以上、伊勢桃李でした。

———–
*現在、「ヘリパッド建設に反対する緊急活動」が、タンブラーで情報をシェアしています。

こちらもチェックしていただけると嬉しいです。

RECOMMEND

BOOK'S SELECTION