フェミニズムの政治学

みすず書房 2012年
岡野八代 著


“一見すると個人的にみえる応答の仕方であったとしても、そこに社会変革への道が拓かれるのだ”——— p.358

夫との不仲に悩む専業主婦の女性が、子どもの将来と、再就職への不安、両親の介護を考え、離婚を諦めた。 近代的なリベラリズムの個人観に当てはめれば、彼女は「未熟で判断能力がない個人」である。 一方、「自立した個人」とされる夫は、妻のサポートを無自覚に享受する。 私たちは、生まれてから死ぬまで誰かに依存し、他者のケアなしには生きられない。 そのあまりに普遍的で、しかし大文字の政治学が忘れ去った大前提から社会構想を考える。

大澤 茉実

RECOMMEND

DSC05340_72

VOICE 桑島みくに

私がなんで、こんなにもあなたに選挙に行ってほしいのか、について。   少し政治の話をすると、普段は味わわない様々な反応を味わうことができる。 その... 記事を読む

BOOK'S SELECTION