切りとれ、あの祈る手を — 〈本〉と〈革命〉をめぐる五つの夜話

河出書房新社 2010年
佐々木中 著


“何も終わらない、何も”——— p.170

「革命の本体は文学である」 このことを、人生でもって示した偉人たちの五つの夜話。 彼らの長い闘いの記憶は、ある一人の男によって編集された。 突如、公に姿を現せた謎の作家、佐々木中だ。作中に登場するルターや、ムハンマドなど、彼らの革命の「祈り」は、彼らにとって知る由もなかったこの作家によって、 僕らに届けられた。 ならば、現代はどうか。答えは次の文に如実に表されている。 「取りて読め。 筆を執れ。そして革命は起こった。」

Dai

RECOMMEND

BOOK'S SELECTION