公衆とその諸問題 — 現代政治の基礎

ちくま学芸文庫 2014年
ジョン・デューイ 著; 阿部齊 訳


“私たちは、受け入れるべきひとつの事実として、関係という事実を手にしたまま相変わらず出発点に立っているのである。”——— pp.32-33

本書は、教育学者・哲学者として有名なジョン・デューイの国家論・民主主義論の代表的な一冊と言えるものである。 私たちは「国家」を語る時、その起源や本質を求めがちだ。しかしデューイにとってそれは、単一の起源や本質からでなく、人と人との「結合」、繋がりから国家を構想することだった。そして、しばしば問題視される「公衆」の「没落」についてのデューイの答えは、「もっと民主主義を」。今ここ、私たちから民主主義を始めよう。

SOB

RECOMMEND

DSC05340_72

VOICE 桑島みくに

私がなんで、こんなにもあなたに選挙に行ってほしいのか、について。   少し政治の話をすると、普段は味わわない様々な反応を味わうことができる。 その... 記事を読む

セイラvoice_1

VOICE Seira

その人は5分間だけ熊本の地に足をつけ「困ったことがあったら言ってくださいね。」と言って帰っていった。 4月14日、熊本県益城町で最大震度7。 16日未明... 記事を読む

_YU85825_72

VOICE  今村幸子

中学生のとき、『また政治家のだれだれが汚職した』なんていうニュースを何度か見て、『政治ってなんだかいやなかんじだな』と、そんなものとは関わらないところで生きてい... 記事を読む

mini_IMG_3502

VOICE  寺田ともか

私の周りには、社会的な問題に関心の強い友達がわりといた。 彼らは、世界のどこかで起きている問題を、いちいち自分に引き寄せて考えるから、いつも何かしらのこと... 記事を読む

BOOK'S SELECTION