SEALDs — 民主主義ってこれだ!

大月書店 2015年
SEALDs編著


“この本をどうしても出したかった理由は、自分たちみたいにたった数人で、僕らの知らない街で何かを始めようとしている、ほかならぬ「あなた」に読んでほしかったからだ。”——— p.5

社会を変えたくても、自分ができることでなければ、自分のやることでもない。 社会に不安があっても、受け流せばいい。2015年の夏、 安保法制にNOと叫んだ若者 — SEALDsは、この閉塞感を破った。 彼らは初めてデモをした。 初めてトラメガを持った、コールをした、スピーチをした。 初めて新聞やテレビに映った。 希望と呼ばれ、馬鹿と呼ばれた彼らは、なぜ行動を起こしたかのか。「私」には何ができるのか。 これはその闘いと葛藤の軌跡である。

どっきょ

RECOMMEND

YU1_9231 (1)

VOICE 野間陸

選挙。 うーん。何を書こうかなと考えて、 自分の中の選挙の思い出をわあーっと考えてみた。 すると一つ、なんだか自分自身でも思い出す事を拒否していた程の... 記事を読む

BOOK'S SELECTION