民主主義ってなんだ?

河出書房新社 2015年
高橋源一郎, SEALDs著


“学ぼう。ぼくたちはほんとうに無知だったと思うから。謙虚になろう。ぼくたちが知っている世界の外にはもっと広い世界があるはずだから。憎しみに巻き込まれないようにしよう。いちばん怖い敵はそれだから。”——— p.8

作家で70年代安保運動に関わっていた高橋源一郎とSEALDsメンバーの、運動や、民主主義についての対談を収録。70年代以降パタリと学生が社会運動に関わらなくなった日本社会において、2015年の夏に現れた運動の意味とはなんだろうか。 SEALDsの学生たちが考え行動する、その根幹にある思想が、古代から試行錯誤を繰り返してきた「民主主義」という文脈において語られる。 読み終わる頃には、SEALDsが出てきたことは当たり前であり、必然だったと気付かされる。

芝田万奈

RECOMMEND

%e5%bc%b7%e8%a1%8c%e6%8e%a1%e6%b1%baic-01

TPPの強行採決ってどういうこと?

文:POST編集部:執筆・佐藤拓也/編集・今村幸子

TPPに関して、この言葉がまた出てきました。強行採決 。うーん、なんか恐ろしい感じの言葉ですね。「強行」。なんていうか、ハードだ。 ところで先日、友達... 記事を読む

mini_IMG_3502

VOICE  寺田ともか

私の周りには、社会的な問題に関心の強い友達がわりといた。 彼らは、世界のどこかで起きている問題を、いちいち自分に引き寄せて考えるから、いつも何かしらのこと... 記事を読む

BOOK'S SELECTION