想像ラジオ

河出書房新社 2013年
いとうせいこう 著


“亡くなった人の声に時間をかけて耳を傾けて悲しんで悼んで、同時に少しずつ前に歩くんじゃないのか。死者と共に”——— p.141

あの日失われた多くの命。 私たちはもう彼ら彼女らには出会えないのだろうか。 何事もなかったかのように暮らしてゆかねばならないのだろうか。 そうして他愛もなく話している時、私たちはふと気づく、こうして話している言葉を彼らも彼女らもまた話していたのではなかったか。 私たちが言葉を話す、と同時に言葉が私たちを話させる。 想像せよ。耳を澄ませば聞こえるはずだ。 そして語り続けよ。 未来のために。「想—像—ラジオ—」

羽鳥涼

RECOMMEND

s_img288 (1)

VOICE 朴亜悠

私は今、保育士を目指して大阪の短期大学に通いながら家の近くの保育園でアルバイトをしている。   バイトの日はいつも朝8時に出勤する。朝が苦手な私が眠い目... 記事を読む

BOOK'S SELECTION