現代日本の生活保障システム — 座標とゆくえ

岩波書店 2007年
大沢真理 著


“ユニバーサルな社会的包摂は、市場の暴走にたいする歯止めであるという以上に、市場経済そのものの存立を可能にする条件なのである。”——— p.5

私たちの生活は、政府による社会政策や、家族、企業などのコミュニティ、非営利協同組織などによる様々な制度や慣行によって支えられている。本書は、日本の生活保障システ ムが、男性稼ぎ主を想定した一元的なものであることからくる様々な排除について指摘する。社会的包摂の実現は、社会 の中長期的な成長の土台にもなる。この社会の現状をきめ細かく確認しつつ、どんな人にでも出番があり、やり直しができるユニバーサルな社会を構想する一書。

信和

RECOMMEND

s_img288 (1)

VOICE 朴亜悠

私は今、保育士を目指して大阪の短期大学に通いながら家の近くの保育園でアルバイトをしている。   バイトの日はいつも朝8時に出勤する。朝が苦手な私が眠い目... 記事を読む

BOOK'S SELECTION