生活保障 — 排除しない社会へ

岩波新書 2009年
宮本太郎 著


“生活保障とは何か。それは、雇用と社会保障をむすびつける言葉である。”——— p.IV

現在日本には、非正規雇用やワーキングプアの増加、年金など社会保障制度の先細りなど、生活保障をめぐるさまざまな問題がある。こういった状況になって久しいためか、よい 打開案も浮かびづらい。この本は他国の例を示したのち、それを日本にそのまま適用しようとするのではなく、日本の現状に合った形のビジョンを打ち出している。生活や将来に不安を感じる全ての人におすすめしたい本である。政治家によりよい社会を求めるとき、役に立つだろう。

幸子

RECOMMEND

BOOK'S SELECTION