集団的自衛権はなぜ違憲なのか

晶文社 2015年
木村草太 著


“ということで、結論はこうだ。憲法を燃やすことは、 国家を燃やすことである。” ——— p.125

「憲法守れ!」―こんなことを叫ばなければならない日がくるなんて、誰が想像しただろう。政府が行った解釈改憲は、「法的認識」を越えたものだ。今や市民は、立憲主義を蔑ろにして暴走する権力に歯止めをかける理性的な人間として、 教養を求められるようになった。憲法学的見地からの著者の指摘の数々は、憲法を骨抜きにした法案に危うさを覚えて集った人々の、支えにも、武器にもなり得るだろう。 私たちが強くなれば、きっとまだ間に合う。

しおり

RECOMMEND

BOOK'S SELECTION