安倍流改憲にNOを!

岩波書店 2015年
樋口陽一, 山口二郎 編


“言葉を無意味化することによって、 権力は無限に暴走できるようになる。”——— p.214

2015年、「積極的平和主義」「存立危機事態」「重要影 響事態」等、これらの言葉が政治の世界に渦巻き、それに呼応した市民から多くの懸念の声が上がった。なぜなら、これらの言葉が従来の用法や明確な限界を持ち得ず、時の権力によって拡大適用される恐れがあるからである。 その時流に沿って書かれた本書は、現政権の「何が問題なのか」を多岐に渡って検証しているため、今一度現状を確認するのに格好の作りとなっている。

KBTK

RECOMMEND

BOOK'S SELECTION