mini_waksVoice

VOICE WAKAKO


少し湿った黄土色の紙のランチボックスの中身は妙に生々しい色をしたウインナーが三本と汗をかいた黄緑色のスクランブルエッグに、それとは対照的にすっかり乾ききった丸いパンがふたつ。仕方なくパンを半分にちぎってプラスチックカップに残っていた水で流し込む。あと三時間。短い針があと三回まわったら、私はまた一から言葉の発し方や目の動かし方やなんかを自分に教えてやらなきゃならない。

新宿行きの電車にゆられる土曜の午後八時過ぎ。ふと身に覚えのある臭いが鼻をつく。二つ隣りに座る女が爪を塗っていた。彼女が揺れる電車の中でこれはなかなか器用に緑の液のついた小さな筆を滑らせるのを周りに座った人間が見ていた。斜め前の女は眉をひそめ、革靴の男は咳払いをした。誰も一言も発さなかった。電車は新宿に着く。皆黙って降りて行った。私も染みのついたケルアックを真っ白なシャネルに突っ込んで、黙って降りる。ひょいと跨いで歩くのもぶつからないようにと足早に遠ざかるのも、どっちにしたって結局は同じことだ。

渋谷の街を歩く。路地を一本裏に入れば吐瀉物と精液の混じる臭いが立ち込めるあの街を、歩く。あたり一帯に流れる空気が時折喉を狭めるのは決して排気ガスのせいだけじゃない。ファッションビルに吸い込まれていく女のハイヒールの踵が汚れていた。ヘイ、ビューティフルって声をかけては邪険に追い払われる黒人の首にぶら下がる金の大きなチェーン。

明日も彼は路上に立ってセンター街を通り過ぎてゆくその誰かへ声をかけ続けるに違いない。私はまた歩く。煤けたコンバースの紐はしっかりと結ばれている。向かい風はまっすぐに伸ばした髪を散らかしたけれど、もう頬に突き刺さるような冷たさなんてとっくのとうに消え去っていた。

RECOMMEND

DSC0508872 (1)

VOICE 佐生佳

2014年の衆院選は、僕が生まれてはじめて選挙権を手にした選挙だった。 気分の高揚がなかったと言えば嘘になる。 何しろ生まれて初めての経験だ、否が応にも好奇... 記事を読む

s_img288 (1)

VOICE 朴亜悠

私は今、保育士を目指して大阪の短期大学に通いながら家の近くの保育園でアルバイトをしている。   バイトの日はいつも朝8時に出勤する。朝が苦手な私が眠い目... 記事を読む

IMG_3801

VOICE 山田和花

私には、小学校時代の授業を振り返ると真っ先に浮かぶ授業があった。 それは小学校四年生の時の道徳の授業でのこと。担任の先生からこんな質問がクラス全員に投げか... 記事を読む

SONY DSC

VOICE 矢野和葉

雨に濡れれば「寒いですね」と言う。スピーチをしていて一ヶ所噛んでしまったと落ち込んでいる。 なんだ、私たちと同じじゃないか、と国会前で横に立っている国会議... 記事を読む

kobasyun

VOICE  小林俊一郎

社会を変えてくれと友だちが言ったのはぼくが運動に精を出していることを踏まえての冗談だったのだろうが、ぼくはそれならばお前もデモに足を運んでくれと少し本気になりか... 記事を読む

BOOK'S SELECTION