daredemo

誰でもできる! 候補者を応援する4つの方法 

文: SEALDs POST編集部

1. とにかく周りの人に話すのが一番効果的です。

s__YU85706_72

photo:yui hasegawa

「この人おすすめだよ」と拡散用の画像を携帯の画面に表示して見せながら話したり、LINE、Messengerで会話してみたり、いろんなSNS上にご自身の考えを投稿してみてください

政治の話を人にするなんて緊張するな、という方は、「いま悩んでることあるんだよね」「こんな未来になっちゃったらどうしようって」「こんな話をして引かれないかなっていう悩みもあって」というような切り口がオススメです!

 

2. 投票率をあげましょう。

実は、投票率が上がるだけで野党候補にとって有利になります。
投票にいくのはハードルの高いことではないよ、と伝えるような画像を作りましたので、ぜひ印刷して家の壁にはったり、SNSなどに投稿してみてください。

期日前投票所の一覧がみれるQRコードも付いているので、ぜひ!

セブンイレブンネットプリント番号一覧👇
kyouteburasenkyowari

*沖縄県はセブンイレブンがないため、別で登録をしました。番号は 2QWGTAP7E8 です。ファミリーマート、サンクス、ローソン、セイコーマートでご利用できます。

県ごとに違う期日前投票所のQRコードがついています! ただ、大変申し訳ないのですが、県の選管が期日前投票所一覧を出していなかった地区は作れていません。

また、投票日の周知も大事です。
政党ポスターなら貼りづらいという人も、これなら貼りやすいかと思います。ぜひ投票日を知らせるポスターを家に貼ったり、車の窓に置いたりなどしてください!

netprint_710_1

netprint_minnnano2

3. 時間があるときは、街頭演説の場に!

SONY DSC
photo:chiaki ueda

候補者は毎日、何回も街頭演説をしています。時間が空いたときに、ふらっと聞きに行ってみてください。

演説に聞き入る人が多いだけで、「たくさんの人から支持されている候補なんだな」と通りがかった相手に伝えることができます。

街宣の様子の写真を撮って、そのとき感じられたこととともにSNSに投稿するのも、とても効果的です。

 

4. 多くの事務所では、ボランティアを募集しています。

 

ぜひ候補者の事務所に行って、ポスティング、ビラ配り、電話がけのお手伝いなどをしてみてください。多くの人がボランティアとして候補者と一緒に選挙を勝ち抜こうとしていますが、まだまだ人が足りていません

統計では、1万本の電話がけで800票入ると言われています。つまり、一人約12本で一票という計算です。せっかく「この人」と決めた候補者、ただ票を入れるだけでなく、実際に選対に顔を出してみて、候補者と近いところで協力してみるのはいかがでしょう?

激戦区の人は皆、頑張れば当選させることのできる候補です。

あなたの行動で、言葉で、大切な人たちの未来を守りましょう。

 

RECOMMEND

%e5%bc%b7%e8%a1%8c%e6%8e%a1%e6%b1%baic-01

TPPの強行採決ってどういうこと?

文:POST編集部:執筆・佐藤拓也/編集・今村幸子

TPPに関して、この言葉がまた出てきました。強行採決 。うーん、なんか恐ろしい感じの言葉ですね。「強行」。なんていうか、ハードだ。 ところで先日、友達... 記事を読む

BOOK'S SELECTION